「緑内障の早期発見」の記事一覧

緑内障を早期発見するには

1.21緑内障早期発見

緑内障は40歳代以上の中高年に多くみられ、初期から中期にかけては症状を自覚しにくいためほとんどの場合気づかないでいます。

緑内障の恐ろしいところは、この気づかないでいる人たちが適切な治療を受けないで時間が過ぎていくことで視神経の障害が進みやがて失明することです。

ここでは失明しないために緑内障を早期発見するにはどうしたらよいのか解説します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ