「緑内障の年齢」の記事一覧

緑内障が発症する年齢

1.9緑内障発症年齢

緑内障は日本での失明原因の第一位を占めており、40歳以上の20人に1人が患い、加齢とともにその有病率(病気になっている人の割合)は増え、70歳代では10人に1人に見られる眼科疾患です。

緑内障の発症率は年々増え続けていますが、その発症年齢は過去と比較するとどのくらいの割合で増えているのか、緑内障が発症する年齢は何歳なのか解説します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ