「緑内障検査」の記事一覧(2 / 3ページ)

緑内障の検査方法のまとめ

2.26

緑内障を診断する検査では緑内障を示す「眼圧が高い」「視野が欠ける」「視神経に障害がある」この3つの症状が目にあらわれているか確認するために眼圧検査だけでなく複数の検査が行われます。

ここでは緑内障の検査方法についてまとめています。

眼底検査は正常眼圧緑内障の発見に役立つ

2.25

眼底検査は多くの人が患う正常眼圧緑内障の発見に役立つ検査です。

ここでは眼底検査はどのような検査をし検査によって何がわかるのか解説します。

視野検査はどんなことをする

2.24d

緑内障で重要になってくるのは眼圧検査、眼底検査、視野検査で、これらの緑内障の検査は診断後も定期的に行っていくことになります。

ここでは緑内障の症状が進んでいないかを調べる視野検査について解説していきます。

眼圧の検査方法はどんなことをする

2.23

眼圧を下げることが基本の緑内障治療では、房水によって保たれている眼圧を測定する眼圧検査はとても重要です。

ここでは眼圧の検査ではどのような機械を使いどんな検査をするのか、また痛みなどはないかなどを解説します。

眼圧検査でわかること

2.16眼圧検査

緑内障はおもに眼圧が上がると視神経がおかされ視野が欠けていく年齢が高くなるとおこりやすい病気ですが、これを防ぐためにも病院で眼圧などの検査を行うことで早期発見につながります。

ここでは眼圧検査を受けることによってどんなことがわかるのかを解説します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ