眼圧について

ここでは緑内障と関係の深いと言われている眼圧について、眼圧によって視力や視野がどうなるのかなど眼圧が目に与える影響について説明しています。

眼圧異常になるとどうなる

4.12

眼圧異常には2つのタイプがあります。ひとつは眼圧が低いタイプで、もうひとつは眼圧が高いタイプです。

ここでは眼圧が高い時と低い時の眼圧異常によって引き起こされる症状について解説します。

眼圧を下げる手術は何がある

3.22a

眼圧が下がらないと緑内障が進行する可能性は高いのですが、治療を行っても眼圧が下がらない時には手術をする場合もあります。

しかし緑内障のタイプによって手術方法も違うので、ここではタイプ別に緑内障はどのような手術があるのか解説します

眼圧を下げるにはどんな薬があるか

3.17

眼科で検査をしたら意外と眼圧が高くて驚かれる人の数は増えているようです。

おそらく視力の低下や目に関わる病気で眼科を訪れる人の数が増えたことで、視力検査と同時に行なわれる眼圧検査により眼圧が高いことが判明するからだと思います。

ここではその高くなった眼圧を下げるにはどのような薬があるのか解説します。

眼圧が低いとどんな症状がおこるのか

3.14眼圧が低い症状

房水の量が増加すると眼圧が上がり、減少すると眼圧は下がります。

この時に眼圧が高すぎると視神経を傷めて緑内障の症状を誘発し、眼圧が低すぎると眼球の形を維持できずに眼球がしぼんでしまいます。

ここでは眼圧が低い時におこる症状にはどのようなものがあるのか解説します。

眼圧が低下する原因にはなにがある

3.12b

眼圧が高くなるその原因は房水が排出路を通過する際に障害がおこり、循環がうまくいかないことで眼内の房水のバランスが悪くなりおこります。

ここではその逆で、眼圧が低下する原因にはなにがあるのかについて解説します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ