bnr1

開放隅角緑内障ではどんな治療をする


緑内障の約9割以上は「原発緑内障」を患っている人で、原発緑内障はさらに「原発開放隅角緑内障」と「原発閉塞隅角緑内障」の2つのタイプにわけられます。

ここでは原発開放隅角緑内障にはどのような治療があるのか解説します。

3.26a

開放隅角緑内障の2つのタイプ

開放隅角緑内障は隅角は正常に開いているのですが、房水の排出経路上の線維柱帯が詰まって房水がシュレム管にうまく排出されなくなり、眼圧の調整に異常がおこることで視神経が障害をおこし失明に向かって行きます。

開放隅角緑内障は隅角が広くて虹彩で塞がれていないタイプで、「眼圧が高いタイプ」と「眼圧が低い」タイプがあります。
1.分類
「眼圧が高いタイプ」は、隅角が塞がれていないにもかかわらず、房水の出口でフィルターの役目をしている線維柱帯が目詰まりをおこして房水が排出されにくくなると考えられています。

「眼圧が低いタイプ」は 正常眼圧緑内障 といわれ、眼圧値は正常範囲であるにもかかわらず視神経が障害されてしまうことから、眼科で眼底検査までしっかり行わない限り自分が緑内障であることを知ることはできないです。

正常眼圧緑内障は日本人の緑内障患者の約7割を占めているといわれていて、全ての日本人に眼底検査を行わない限り本当の緑内障患者の数を把握することは難しいと思います。


開放隅角緑内障の治療の種類

原発開放隅角緑内障の治療でははじめに点眼薬などの薬物療法をはじめますが、眼圧を下げるのには、薬物療法のほかにレーザー治療と外科的手術と3つの治療法があります。

緑内障の主な治療目的は「眼圧を下げる」「症状の進行を遅らせる」 ことなので、風邪とは違い元のように回復させることではなく、眼圧を下げて視神経の障害がそれ以上進行しないように抑え、視力や視野を保つことになります。


しかし薬物による治療を行っても効果が見られないケースもあります。

初めに行う薬物療法で眼圧が下がらない時には、レーザー線維柱帯形成術で線維柱帯の詰まりを解消したり強膜に穴をあけて房水を排出するろ過手術が行われます。

この場合には房水の流れを改善して眼圧を下げるために、線維柱帯形成手術と虹彩切開術というレーザー治療を行います。


開放隅角緑内障はどんな治療をするか?

原発開放隅角緑内障は、房水の排出口である隅角は開いているのに線維柱帯が目詰まりしているために眼圧が高くなるタイプなので、この開放隅角緑内障の治療には点眼薬を使って房水の量を調節して眼圧を下げ、視神経への負担を軽くしそれ以上症状が進行しないようにします。

正常眼圧緑内障の場合も基本的には同じ、点眼薬を使って房水の量を調節して眼圧を下げる治療がされます。

開放隅角緑内障であるか、正常眼圧緑内障であるかを診断してから眼圧を下げるために患者に合った治療を行ない、これらの緑内障の種類や進行具合、眼圧に応じた点眼薬での薬物治療が行われます。


眼圧は房水が増えれば上がり減れば下がり眼内の房水の量に左右されることがわかっていることから「房水の産生を抑える作用がある薬」「房水の排出を促す作用がある薬」が使われます。

抗緑内障薬はこのどちらか、あるいは両方の作用を持っていますが、効果が見られない場合は薬の種類を変えたり、作用の異なる薬を組み合わせながら個人の症状や目的とする眼圧数値に近づけるために調整します。

1種類の薬から治療することが始められ、効果が見られない場合は薬の種類を変えたり作用の異なる薬を組み合わせながら個人の症状や目的とする眼圧数値に近づけるために調整します。

緑内障における薬物療法は短期的に改善されるものではないので時間をかけて治療していかなければいけません。


正常眼圧緑内障の治療

正常眼圧緑内障の治療は通常の緑内障と同じように薬物療法が中心になります。

眼圧が高くないのに眼圧を下げるの?と思うかもしれませんが、確かに正常眼圧緑内障の患者さんの眼圧は正常範囲内(10~20mmHg)にあるので眼圧値は高くないです。

それでも本人にとっては普通の人と基準値の範囲がずれていることから、この基準の値でも高すぎると考えられ点眼薬で眼圧を下げることをします。

1.28a正常眼圧緑内障

ただし患者さんの中には眼圧が正常範囲でも低めの方がいるので気をつけなければなりませんが、現在では多くの新しい薬が開発され改善が可能になってきています。


開放隅角緑内障の治療目的を理解する

緑内障は眼圧の上昇で目の視神経がおかされ視野が狭くなり、一度視神経が障害を受けて傷んでしまったら視神経を回復させることはできません。

視神経に障害が生じている場合にはその状態を元に戻すことはできず、症状によってはあらゆる治療法を尽くしても進行を止めることができないので、緑内障は治療を行えば治るという病気ではないことを理解する必要があります。

緑内障の治療目的は「眼圧を下げる」「症状の進行を遅らせる」 ことなので、今の視力や視野を保つために治療を続けることをこころがけてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ