bnr1

閉塞隅角緑内障はどんな症状があらわれるか


緑内障の約 9割以上は原因のわからない原発緑内障を患っています。

原発緑内障には「原発開放隅角緑内障」と「原発閉塞隅角緑内障」の2つのタイプがあり、この2つのタイプは症状のあらわれ方が違う病気です。
1.分類

ここでは原発閉塞隅角緑内障の症状について解説します。


原発閉塞隅角緑内障とは

原発閉塞隅角緑内障 は、眼圧を調整する房水の経路である隅角が狭まり同じ排出路である線維柱帯が虹彩によって塞がれて、シュレム管から房水が流出されずに眼球内に房水がたまり、眼圧が上昇しすることで視神経が障害される病気です。

生まれつき隅角が狭い人がいるほかにも、年とともに水晶体が厚くなり虹彩が押されて隅角が狭くなる場合が多く、高齢の女性や遠視のある人におこりやすいといわれています。


原発閉塞隅角緑内障はさらに「隅角が徐々に塞がる慢性型」と「隅角が急激に塞がる急性型」にわけられます。

慢性型開放隅角緑内障 と同じ経路をたどりますが、急性型は急激に眼圧数値が上昇し、正常であれば10~20mmHgなのに対して50mmHgと高く極端に高い場合は100mmHgに上昇することもあるため、治療が遅れると数日以内に失明する可能性があり注意が必要です。


開放隅角緑内障の症状

閉塞隅角緑内障の症状を解説する前に、先に開放隅角緑内障の症状についてお伝えしておきます。


開放隅角緑内障の症状は、目が重いと感じられたり、目が疲れやすかったり、肩がこる感じがするなど、そのほかにも眼精疲労の症状があらわれたりしますが眼圧が急に上がるということはないです。

5年、10年経過するうちにだんだんと視神経が侵されていきながら視野に異常が出始め、多くの場合は鼻側の上の方から欠けはじめます。

その時に片目の視野の一部が欠けていても、もう片方の目がそれを補う両眼視機構という優れた機能が人間には備わっているために、初期にあらわれる視野の症状を発見することは難しいです。

さらに10年、20年と長い時間をかけて進行するために多少見えづらくなっていてもその状態に慣れてしまうので、その時点でも発見は難しいくほとんどの場合は症状がかなり後期になるまで自覚することができません。

視野の中心が欠けた時に視力が悪くなったことに気づいたり、その時にやっと視野が欠けている症状に気づくことがありますが、その時は末期の状態に近く手遅れの場合が多いです。


閉塞隅角緑内障の症状

閉塞隅角緑内障は40歳以上の遠視の女性に多くみられ、精神的なショックを受けたり、疲労や喘息などが引き金となって突然の激しい頭痛や嘔吐などの症状に襲われることがあります。

閉塞隅角緑内障には、急性型と慢性型があります。

急性型の症状は、突然の激しい目の痛みがおこったり、充血や目のかすみ、頭痛や吐き気を伴う急性緑内障発作がおこりますので、発作がおきたらすぐに眼科で治療が必要となります。

慢性型の場合は、原発開放隅角緑内障と同様の症状がおこり、目が重いと感じられたり、目が疲れやすかったり、肩がこる感じがするなど、そのほかにも眼精疲労の症状があらわれたりします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ