bnr1

緑内障と診断されたらどうしたらいい


緑内障は眼圧の上昇などによって視神経に異常が起こり視野が欠けていく病気で、一度視神経が障害を受けてしまうと二度と回復することはできず、何も手を施さないでいると失明する可能性が高くなります。

ここでは緑内障と診断されたら、この先どのようなことを行っていけばよいのかを解説します。

3.5


緑内障の診断を受け入れる

目の病気がきっかけでたまたま眼科で診察を受けた時に、はじめて緑内障の可能性を指摘される人が多いようです。

緑内障の可能性があると診断されたらおそらくあなたは驚いたり、場合によっては失明するのではという絶望感を持つかもしれませんが、その診断は現実に下されたことなのでこれからどのようにしていくのか向き合って行かなくてはなりません。

緑内障と一度診断されたら失明しないために生涯にわたり管理が必要となってきますが、あなたがこれから行なっていかなければならないことには何があるのでしょう。


緑内障は毎日ただ呆然と病院に通院しても、風邪などと違って早く良くなるということはありません。

そのせいもあり、今は症状を感じないからと 1年も 2年も放っておく人もいますが、症状がおきた時に慌てて思い出したように診察を受けた時には、すでに手遅れで失明は免れないケースが多いのです。

緑内障は失明に向かう重篤な病気で、治療を行ってもはっきりと治っているのかどうかわからないことで不安が募ったり、病気に対しての恐れが常に襲いかかってくると思います。

しかし現在の自分の症状をしっかり把握し、それ以上病気を進行させないように意識的に治療を行っていくことが一番重要です。

3.5a

緑内障と診断されたら、医師の判断によりこれから色々な治療や検査が行わていくことになります。

ほとんどの場合点眼薬や手術などによって眼圧を下げて、視神経の障害がそれ以上悪くならないようにするのが目的となります。

たとえ薬や手術で眼圧が下がったとしても、一度視神経が障害を受けて傷んでしまったら二度と回復させることは不可能なことから、各自行う点眼薬などの治療は意識して必ず行っていくことになります。


緑内障と診断されたあとは治療に専念する

失明しないための緑内障の治療は、現在自分の病気がどのタイプでどこまで進行しているかを完全に把握することからはじまります。

そのためには初めのうちは間隔を詰めて通院するする必要があり、緑内障の程度によっては入院をして検査することをすすめられる場合もあります。

治療が開始されたとしても、本当にその治療法が本人の状態によくあっているかどうか、効果があらわれているかどうかというのはわからないことが多く、判断するためには時間をかけて定期的に通院する必要があります。

3.5b

緑内障のタイプや状態を把握し、治療効果などがわかってきて状態が安定してくれば医師の指示に従いだんだんと通院間隔を伸ばしていく傾向にあります。

また現在行っている治療内容や眼圧値の状態や視野の状態は患者さん自身も知っておいた方がよいです。

医師の指示に従って薬を服用あるいは点眼するわけですが、治療を行なうのは自分自身なので病気を意識して管理する気持ちを常に持つことが大切です。


治療をやめれば緑内障は進行し失明に近づいていく

緑内障は自覚症状がほとんどなく、治療は熱が下がったり痛みがなくなるというようなすぐに効果を期待できるものではありません。

欠損した視野が回復するようなものでもないことから、はっきりとした効果が見えないことから薬を使っている意味を実感できない患者さんの中には途中で自分勝手に中断してしまう人もいます。

その結果はその後調べられる眼圧や視野の検査に表れてきます。

3.5c

薬や手術によって眼圧が正常値内に安定し、視野の欠損などの視神経障害が進行しなくなれば一時的に治まっている状態にはなりますが、眼圧が下がったからといっても薬によって安定させているわけではなくやめればまた悪くなります。

たとえレーザー治療や手術を受けて眼圧が下がっても一生その効果が期待できるとも限りません。

治療をやめれば緑内障は進行し失明に近づいていくので、一生治療は行うという認識を持っていく必要があります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ