bnr1

緑内障はどんな病気


目に入ってきた光が眼底の網膜で像を結びそれが視神経により脳へ伝えられて私たちは物を見ることができます。

緑内障はおもに年齢を重ねることで、眼圧の上昇などによって眼球を丸い形に保つ「眼圧」の調整が円滑にできなくなり「視神経」に異常が起こり視野が欠けていく病気です。

多くの場合、非常にゆっくりとしたスピードで視野が欠損していき本人が気づいた時には手遅れといったケースがしばしばあるようです。

1.緑内障


緑内障は目の成人病と言われ、360万人もの患者がいると想定されていて、残念ながら現在も日本の失明原因の一位を占めている病気です。

近年行った調査では40歳以上の20人に1人が緑内障を患っており、有病率は加齢とともに上がり70歳代では8人に1人が緑内障であるという調査結果が出ております。

緑内障はかなり進行するまで症状を自覚しにくいので、検査を受けない限りほとんどの人が気づきずらい病気なのですが、この時に調査を行なった方の大部分は緑内障があることを知らずにいたことに驚きを隠せません。


緑内障は中高年に多く加齢とともに増える傾向がありますが、緑内障にかかっていることを知らずに治療をしないで放っておくと、視神経の障害が進み失明の危険性が伴います。

現在日本では緑内障が生後に失明する中途失明の最も多い原因となっていますが、緑内障の診断や治療は医学の進歩によりその多くは早期発見と早期治療により失明のリスクを減らせるようになってきています。

医療技術の進歩によって緑内障は日々治療法が見直され治る可能性が出てきている病気なので、早期発見を心がけ早い治療をすることで失明の危険性を少しでも減らすことができるので、緑内障と診断されても恐れずに治療と定期的な検査が大切です。


緑内障の分類

緑内障で使われる原発とは、原因がわからないという意味で緑内障患者の90%以上はこの「原発緑内障」です。

緑内障はほかにも、何らかの病気や外傷など、糖尿病など全身の病気やぶどう膜炎など目の病気によっておこる「続発緑内障」があります。

また新生児の2~3万人に1人くらいの割合で起こる生まれつき隅角の発育が悪いために起こる「発達緑内障」があります。

原発緑内障には「原発開放隅角緑内障」と「原発閉塞隅角緑内障」の2つのタイプがあり、この2つは全く違うタイプの病気といってよいほど病気が起こる仕組みや治療法が異なります。
分類



サブコンテンツ

このページの先頭へ