bnr1

緑内障発作はどんな症状がおこる


緑内障の症状には少しずつ症状が進行する慢性緑内障と急激に激しい症状を起こす急性緑内障があります。

急性緑内障は発作のように強い症状がおきるのが特徴ですが、ここでは突然起こる緑内障発作について解説します。

4.15


緑内障発作の症状

check2 緑内障発作とはなに?

緑内障発作は、突然急激に激しい自覚症状を起こし、早急に対処しなければ数日以内に失明に至るほど危険な状態なのです。

緑内障発作の症状として、突然の激しい頭痛や激しい目の痛みがおきたり、目の充血がおこったり、場合によっては嘔吐や腹痛、急激な視力低下や発汗などの強い症状がおこるのが特徴です。

4.15b

突然おきた症状により病院を受診することになると思いますが、すぐに適切な処置が行われないと失明に至る可能性が高いです。

緑内障発作で突然発作が起こる前兆として、目がかすんだり、目が重く感じたり、光りの周囲に虹が見えたり、突然強い偏頭痛がおこるという症状があらわれるようです。

緑内障発作を誘発する要因には、暗い場所での作業やうつ伏せになって作業していたり、風邪薬を飲んだ時などにおこることが多く、そのほかにも精神的に興奮したり、過度なストレスを感じたりした時などがあげられので、急性緑内障の発作に不安がある人はこれらのことに注意してください。


緑内障発作の症状がおきたらどうする?

緑内障発作はすぐに適切な処置が行われないと数日以内に失明に至るという恐ろしい病気なので、緑内障発作の症状がおきたら早急に病院を受診することをすすめます。

緑内障発作の症状がおきた時には慌てて病院を受診すると思われます。

しかしこの時に気をつけなければならないことは、自分が緑内障とわかっていれば緑内障発作ではないかと疑い処置は早く施されますが、問題は自分が緑内障であるのかを全くわかっていない場合です。

緑内障発作の症状で医療機関を受診したとしても、自分が緑内障であるのか知らないので、ほとんど目の病気とは考えられない突然の激しい頭痛や腹痛、嘔吐などの症状がおこることから脳卒中や消化器系の病気と間違われることが多く、何の病気であるか判明するまでに時間がかかる場合があるようです。

4.15a

一時的に痛みを抑えることができたとしても、あるいは異常が見つからないことからその日は応急処置だけ施される場合が多いです。

まだ病名がはっきりしておらず、次の日症状が治まらないことで再度医療機関を訪れ精密検査を受けてようやく緑内障と判明することが多いようです。

緑内障とわかっていれば、緑内障発作ではないかと疑われる可能性が高いので、激しい目の痛みや頭痛、吐き気などの自覚症状がある時ははっきりと医師に伝えてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ