bnr1

緑内障の治療は食事で改善できないか


現代の食事には様々な食品添加物や農薬などが混入している可能性が高いです。

緑内障はそのような口に入る食品が原因で発症するのか、その因果関係については解明されていないようですが、もしも食事を見直したとしたら緑内障は治らないのでしょうか?

ここでは食事による治療で緑内障は改善することはできないのか解説します。
4.10


目に良いとされるブルーベリーは緑内障では有効か

よくブルーベリーは目に良いということが多くの人に認識されているのですが、はたして緑内障には効果はあるのでしょうか。

ブルーベリーは目に良いという噂が広まり積極的にとろうとする人たちが増えてきました。しかし実際にはどのように効果があらわれているのか微妙な感じはしますが、ブルーベリーが目に良いからと言っても相当な量を摂らない限り、目に効果があらわれることは少ないようです。

これに便乗したサプリメントなども販売されているようですが、そちらも抜群の効果を得られることは少ないようです。

医薬品でもないわけですし、ただの健康食品なのですから 100%の人に効果があらわれるわけではないようで、精神的に救われる人は続けて摂っているようです。


結局、目に良いとされるブルーベリーが緑内障を改善するという根拠はないようですし、その他の食品が緑内障に直接効果をもたらすこともないようです。さらに食事によるその臨床結果も根拠も見つからないようです。

1.20blue


食事による生活習慣病は緑内障に関係があるのか

緑内障の原因には、肉体的、体質的、精神的なさまざまな要因によっておこるようですが、緑内障は一般的に中高年から起こる病気とされますし、同じ時期に食事によって引き起こされる生活習慣病は成人病と考えられています。

では成人病の人は緑内障になるのかというと、緑内障は生活習慣病とは直接関係があるとはいえませんが、糖尿病の原因のひとつとされる食べ過ぎ(食事過多)や飲み過ぎ、偏った食生活には気を付けないと緑内障になる可能性はあるようです。
1.20fast

糖尿病や低血糖などの病気が原因で緑内障がおこることもあるようなので、次のことを意識して食事を摂れば緑内障になる確率は減ることが考えられます。

check2 普通に食事を摂ること
check2 偏食をしないこと
check2 食べ過ぎないこと

ごく普通の食事を摂っていれば、緑内障に直接関係することはほとんどないようです。


注意しなければいけない日常での食事

食品が緑内障に直接効果をもたらすことはないことがわかりましたが、日常で気を付ける食事としてはどのようなものがあるのでしょう。

食事というか水分の摂り方ですが、水を一気に飲んだりカフェインを大量にとるのは良くないとされます。

1.20cafe

たとえば病気を患っていて水分を多量にとらなければならならい人もいるようです。

その場合の対処法ですが、その場合は同じ水の量を摂るにしても水を一度に飲むよりもこまめに飲むことを心がけるとよいようです。

そして空腹時に多量の水を一気に飲むと眼圧が上がると言われているのでこれは避けなければならないようです。

コップ1杯ほどの水なら問題ないようですので、1度に飲まないでこまめに飲むようにするとよいです。

1.20mizu



サブコンテンツ

このページの先頭へ