bnr1

緑内障の治療や診察に費用はどれくらいかかるか


緑内障と診断されてしまうと失明をさせないために眼科に一生通い続けることになりますが、そこで必ず発生するのが治療や診察にかかる費用です。

ここでは緑内障での治療や診察にはどれくらいの費用が必要になるのか解説します。
4.8


緑内障の治療費は経済的な負担

緑内障は視野の欠損が進んでいないかなどの状況確認や治療の経過などを確認するためにも定期的な診察を行なっていくことになり、そのたびに毎回診察代がかかります。

緑内障の治療では点眼薬を継続しなければならない場合がほとんどで、だいたい点眼薬がなくなるころに定期的に診察を行うように医師から時期を設定されることもあります。

これは緑内障を進行させないためには大事なことではあるのですが、点眼薬はだいたい 1月程度でなくなる場合が多いことから、月に 1度は眼科で診察をしなければならないことになります。

このことからも、毎月緑内障の診察代がかかることになります。


治療の結果にもよりますが、検査を定期的に行っていくことになりますので、診察代のほかにも検査費用にお金がかかることになります。

保険が効くので高額なお金を払うわけではないですが、毎月大体決まった出費をすることになりますので、ほとんどの人はその分経済的にも大変になると思われます。

4.8a

緑内障の治療や診察にかかる費用

それでは実際、緑内障の診察や治療にはどのくらいの費用がかかるのでしょう。

点眼薬がなくなるころに診察することになると思いますので、ここでは治療薬と診察代の合計であらわしますが、月3,000円~5,000円くらいの費用がかかることになります。

一般的な人には決して払えないほどの金額ではないですが、経済的な負担は定期的に一生続くものなので苦労される人もいるかと思います。


緑内障の場合は、視野検査などの検査を数か月から半年に1回行う場合がありますので、診察や点眼などの治療薬代だけでなく 緑内障の検査費用 にもお金がかかることになります。

眼底検査をするため瞳孔を広げる目薬をしたり目に負担をかけたりするので、お金も大変ですが毎回行う検査も大変です。

検査内容によっては1回に 3,000から 5,000円くらいかかってしまうこともあるかと思いますが、失明しないためには経済的な負担は避けられないので、苦しいでしょうが治療費はどうしても払い続けなければならないようです。

4.8b



サブコンテンツ

このページの先頭へ