bnr1

視野検査はどんなことをする


緑内障と疑われるような症状があらわれたり、健康診断で眼圧が高いことを指摘されて眼科を受診するとはじめに問診を受け、その後緑内障に関する機器を使っていろいろな検査を行っていくことになります。

2.24d

一般的に視力検査はどこでも行いますが、そのほかに緑内障で重要になってくるのは眼圧検査、眼底検査、視野検査で、これらの緑内障の検査は診断後も定期的に行っていくことになります。

ここでは緑内障の症状が進んでいないかを調べる視野検査について解説していきます。


今まで行われてきた眼圧検査だけでは不十分

これまでは眼圧検査をしていれば緑内障は発見できるという考え方が一般的でしたので、眼圧検査を中心に行なってきましたがその常識が見直されだいぶ変わってきているようです。

その要因となったのが、眼圧は正常であるのに緑内障がおこる正常眼圧緑内障が近年増加し、世界的に注目を集めるようになっているからです。


緑内障は、「眼圧が原因となり視神経が壊れていき視野が欠けていく」という病気のメカニズムをもっています。

つまり「眼圧の上昇が原因であることを調べる眼圧検査」だけでは不十分で、「視神経の異常を調べる眼底検査」や視神経の異常で「視野が欠けることを調べる視野検査」も重要になってきます。


視野検査でどんなことがわかる?

現在どのような範囲で視野が見えているのかを調べる視野検査について解説していきますが、緑内障の視野欠損の典型的な進み方は、はじめに鼻側に暗点という感度の悪い見えない部分が点で発生します。

初期の症状はひとつひとつがばらばらな点なので孤立暗点といい、中期になるとばらばらだった暗点がつながり弓状の模様をつくるので弓状暗点といいます。

さらに悪化すると周辺と中央が分離してドーナツ状の視野になっていきます。


正常な視野は片目につき、上方の60度、下方に75度、鼻側に60度、耳側に100度ありますが、私たちは通常両目で物を見ているため、片方の目がどのくらいの視野があるのか、または欠けているのかを判断することは難しいです。

視野検査を行うことで、左右それぞれ片目ずつ一点を注視した時にどれくらいの範囲が見えているかを調べることができます。


緑内障は視野が欠けていく病気ですが、視野が欠けているか欠けていないか、視野のどこがどのように欠けているのかを知ることは治療を行う上で重要です

視野検査では「ゴールドマン視野計」を使用して視野の全体像を測る「動体視野検査」と「自動視野計」を使用してどれだけ弱い光が見えるか網膜中心部の光の感度を測定して視野の範囲を調べる「静的視野検査」があります。

この検査と眼底検査の結果を合わせて緑内障の重症度や進行状態が判定されその後の治療に活かされます。

視野に欠損があると画像化した測定図に黒く表示されますので、この検査により視野の欠損が確認されれば緑内障とほぼわかります。


ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計

視野検査は、以前はゴールドマン視野計による測定が主流でした。

これは中心を注視して外側から中心部に動く光が見えたらボタンなどを押して合図するしくみで、ひとつの光が視野のどの範囲で見えているかを測定します。

検査中に明るくて大きな光は広い範囲で見えますし、弱くて小さな光は狭い範囲でしか見えませんが、その時に見えるか見えないかを患者さんに意思表示してもらい記録されます。

結果はコンピュータグラフィックで点であらわされどの部分の欠け方が進んでいるのかがわかります。


ハンフリー視野計

2.24ハンフリー視野計

最近はハンフリー視野計による検査が主流のようで、これは視野の各地点の網膜感度を測定するものです。

中心を注視して明るさが変化していく光が見えたら合図しすることで、各地点の実測値も出ますしそれを視覚的に処理した図も表示できます。

視覚的な処理とは感度ゼロの地点は黒で塗りつぶし、段階的にグレーの濃淡で感度を表し視野のどの部分がどのくらい見えているかをひと目でわかるようにしたものです。

2.24left 2.24right


ハンフリー視野計はすべてコンピューターソフト化されていて微細な変化もとらえることができ、検査結果が正常範囲内か正常範囲外かなどさまざまな情報を瞬時に提供してくれるので、緑内障の早期発見や治療に大きく貢献しています。


失明しないために視野検査での注意点

視野検査では光が見えたらすぐ合図をするわけですが、1点を見ないで目を動かしてキョロキョロと光を追っていると現状の視野を把握することができず正確な視野を計測することができません。

目がつらいでしょうが視野計の中心を見つめたままの状態で見えたかどうかを合図するように心がけないと、欠けている部分があってもすべて正常とみなされ視野のどこに異常があるのか特定ができなくなり、失明する日が早く訪れることにもなりかねません。

ゴールドマン視野計にしてもハンフリー視野計にしても、患者さんに見えるかどうかを的確に答えてもらわないことには正確な検査結果は得られないので、眼底検査などと違い、視野検査は患者さんの協力が必要な検査だと思ってください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ