bnr1

緑内障検査で使われる機器について


緑内障は「眼圧が原因となり視神経が壊れていき視野が欠けていく」病気です。

眼圧の上昇が原因であることを調べるには「眼圧検査」、視神経の異常を調べるには「眼底検査」視神経の異常で視野が欠けることを調べるには「視野検査」があります。

ここでは眼圧検査、眼底検査、視野検査に使われる機器にはどんなものがあるのか解説します。


眼圧検査で使われる機器について

ここでは眼圧検査で使われる計測機器について解説していきます。

眼球には内側から外側へ押している圧力の眼圧が働いていますが、その眼圧に異常がないかを調べるための検査には、眼球と接触して測る「ゴールドマン眼圧計」と眼球と接触しないで測る「空気眼圧計」の2つの機器で測定されます。


ゴールドマン眼圧計

ゴールドマン眼圧計は細隙灯顕微鏡がついている眼圧計で点眼薬で目に麻酔を施した後に目に密着させて測定します。

接触面が一定の面積になるまで眼圧計で圧迫した時の圧力を測り、それが眼圧値として表されます。

2.23c 2.23b

眼球に眼圧計を直接当てることになりますが、点眼薬麻酔をすることで眼圧計が目に触れた感覚はなく痛みも伴わずすぐに終わる検査です。


細隙灯顕微鏡とは

隅角は角膜と虹彩が交わり眼圧を調節する房水の排出口があるところで、細隙灯顕微鏡では隅角の開き具合を観察する「隅角検査」を行うことができ緑内障の症状を診断し治療を進めていくうえで重要です。

隅角検査は暗くした部屋で機械にひたいとあごを固定し隅角鏡を目の上に乗せて行なわれます。

目に細く強い光の束を斜め方向から当てることで、隅角の状態を細隙灯顕微鏡で拡大して眼球の表面や内部を調べられます。

細隙灯顕微鏡検査の検査中にまぶしさを感じることはありますが痛みをともなうことはありません。

2.23f


空気眼圧計

2.23da

空気眼圧計は眼球に瞬間的に圧縮された空気を吹きつけて眼圧を測定し、角膜の凹み具合から眼圧値がわかります。

空気眼圧計の検査では、瞬間的な強い風が目に当たりその風圧に驚きますが、違和感はあっても痛みが伴うことはないです。

2.23a


眼底検査で使われる機器について

ここでは眼底検査で使われる計測機器について解説していきます。

2.27眼底検査

眼底検査の方法には、電気検眼鏡を用いて網膜の中心部を約15倍に拡大して視神経乳頭を観察する「直像検査」、凹面検眼鏡・倒像双眼検眼鏡・光源内蔵の検眼鏡を用いて網膜全体を5倍に拡大して観察する「倒像検査」、診断を客観視するために眼底の状態を撮影する「眼底カメラ検査」があり、緑内障の症状に合わせて適した検査方法が行われます。

眼底検査では倒像鏡や細隙灯顕微鏡を使って瞳孔から眼底を観察し、眼球の出口である視神経乳頭の大きさや形、深さ、血管の様子などを調べることができます。


視野検査で使われる機器について

ここでは視野検査で使われる計測機器について解説していきます。

緑内障は視野が欠けていく病気ですが、視野が欠けているか欠けていないか、視野のどこがどのように欠けているのかを知ることは治療を行う上で重要です

視野検査では「ゴールドマン視野計」を使用して視野の全体像を測る「動体視野検査」と「自動視野計」を使用してどれだけ弱い光が見えるか網膜中心部の光の感度を測定して視野の範囲を調べる「静的視野検査」があります。

視野に欠損があると画像化した測定図に黒く表示されますので、この検査により視野の欠損が確認されれば緑内障とほぼわかります。


ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計

ゴールドマン視野計を使って検査を行う際には患者さんには中心だけを注視してもらい、明るくて大きな光や弱くて小さな光が表れたりしますので、その光が見えた時にボタンを押して合図してもらいデータを集計するシステムになっています。

その光が視野のどの範囲で見えているかが記録されることでコンピュータグラフィックの画像で表され、それによりどの部分の欠け方が進んでいるのかがわかります。


ハンフリー視野計

2.24ハンフリー視野計

ハンフリー視野計では視野の各地点の網膜感度を測定します。

患者さんに中心を注視してもらい明るさが変化していく光が見えたら合図するシステムで、各地点の実測値や視覚的に処理された図が表示されます。

感度がない地点は黒く塗りつぶされ、感度の程度によって徐々にグレーに変わっていき視野のどの部分がどのくらい見えているかをひと目でわかるようになっています。

2.24left 2.24right



サブコンテンツ

このページの先頭へ