bnr1

緑内障手術の入院について


緑内障の手術は、治療で眼圧を下げる点眼薬などを使っても眼圧が十分に下がらない時や点眼薬をつけられない場合などに行うことになり、緑内障の手術時間は一般的に60分から90分程度で終わるのですが、その後入院が必要になります。

ここでは緑内障手術の入院期間はどれくらいかかるのか。気をつけなければならないことはあるのかについて解説します。

4.20a

緑内障の手術は入院しなければいけないか?

一般的に手術というと注射で麻酔をかけたりメスを使ったりと痛いイメージがあると思いますが、実際はどうなのでしょうか?

緑内障の手術は60分前後の時間をかけてゆっくりと行うことが多く、それに見合った点眼や注射で局所麻酔をするため痛さはほとんどなく、手術自体は主にレーザーを使うので痛さを伴うことは少ないです。


手術となると長期間入院しなければいけないのか心配されると思いますが、単純に終わる手術であれば日帰りも可能な場合もあるようですが、原則として入院が必要です。

一般な手術では入院が必要でその期間は 1~3週間くらいが普通のようです。

check1 線維柱帯切除術は術後2週間ほど入院が必要
check1 線維柱帯切開術は術後5日くらい入院が必要、場合によっては日帰り可能


手術後の注意点

icon-check-b-r 入院中

手術後は翌日の朝まで眼帯をしたままになり、朝に診察するまで外すことができません。

手術後の眼圧の経過を見て処置が施され、状態が安定したら退院することになります。

線維柱帯切除術は術後に目をこすったり、強く押したり、きたないものが目に入ることは避けなければいけません。

手術後、特に気をつけなければいけないことは、
check1 手術後の点眼は続けなければいけない
check1 眼に水をいれてはいけない
check1 目薬を忘れてはいけない
check1 眼をぶつけてはいけない


icon-check-b-r 退院後

退院後は眼の状態によってはだんだんと受診する期間が開くので、医師の指示に従って受診することになります。

手術後 3週間で仕事や旅行などに行くこともできます。

icon-check-b-r その他の注意点

その他日常生活で特に気をつけなければならないことは
check1 洗顔は手術後 2週間は眼に水が入らないように顔を拭く程度に済ます
check1 洗髪も手術後 2週間は眼に水が入らないようにする
check1 お風呂も眼に水が入らないように首から下なら手術当日より入れます
check1 喫煙はニコチンが血管を収縮させ障害を起こすので禁煙する
check1 アルコールは手術後の充血が起こりやすいので控える
check1 スポーツは散歩なら翌日から可能で、その他のスポーツは医師に相談
check1 家事や仕事は手術翌日から復帰できるが、外の作業など体を動かす仕事は医師と相談
check1 車の運転は手術後は見えにくくなるので極力しない。医師と相談
check1 テレビ、読書、ワープロ、コンピューターは手術翌日からでも可能です



サブコンテンツ

このページの先頭へ