bnr1

緑内障で失明する可能性はどれくらいあるのか


緑内障は日本で失明する原因の一位を占めているほど恐ろしい目の病気で、潜在的にまだ緑内障とわかっていない患者数はそうとう多く、加齢とともに発症する傾向が高くなる目の成人病といわれています。

ここでは緑内障によって失明する可能性はどれくらいあるのか解説していきます。

3.21a

緑内障と知っていても失明する可能性

緑内障と知っていても失明する可能性が高い人の例ですが、当然のことですが治療を怠ると失明する可能性は高くなります。

緑内障には少しずつ視野が欠けて行き症状がゆっくりと進行するタイプと、急激に激しい症状を起こし失明の危険度が非常に高いタイプがあるのですが、緑内障になるとどのくらいの期間で失明するか は治療をしっかり続けて行なっているかその状態にもよります。


緑内障は治療を続けていても手術をしても治ることのない病気です。

緑内障とわかっていても、自覚症状がわかりずらい病気なので本当に緑内障なのかと疑問に思うこともあるかもしれませんが、現在症状が表面にあらわれていなくても眼内では少しずつ進行して行っているのです。

それをよく理解できずに治療していると、何の変化も感じられないことからだんだんと治療を怠るようになってきます。そしていつか治療をやめた時、その時から失明する可能性は高くなっていくのです。

点眼薬などの治療は病気を治すためのものではなく、眼圧を下げたりして症状を遅らせて進行させないようにしているだけです。それをしっかりと理解してください。


逆に治療をしっかりしていれば進行を遅らせることは可能ですので、医師からすすめられた治療法をしっかり行うことが失明する可能性を低くすることにつながります。


緑内障と知らずに失明する可能性

本人が緑内障であることを前提として解説します。

自分が緑内障であるのにも関わらず緑内障と知らないでずっと生活していた場合、緑内障は自覚症状がわかりずらいことから多くの場合非常にゆっくりとしたスピードで10年20年と長い年月をかけて徐々に視野が欠けていき失明に近づいていく場合が多いです。

徐々に進行して行きますが確実に視神経は障害をおこしていますので、一度視神経が障害を受けて傷んでしまうと二度と視神経を元に戻すことはできないことから、緑内障と知らないでいた場合、緑内障の種類に関わらず失明する可能性は相当高いと思われます。

潜在的な患者数は400万人から500万人くらいはいるのではないかと予想されることからも、同じように緑内障と知らずに失明する可能性の高い人は相当数いると考えられます。

緑内障は症状がわかりずらい病気なので自覚した時には手遅れの場合もありますが、症状がおかしいと気づいて眼科を訪れ治療を受けているのは潜在的な患者数の 30%ほどにすぎないようです。


緑内障の発見が遅いとあらゆる治療法を施しても進行を止めることができないことが多いです。

緑内障は失明に向かって行く恐ろしい病気で、決して治る病気ではありませんが、早期発見して早期治療を行うことで病気の進行を遅らせることは可能です。



緑内障は他人事ではなく自分の身におこっていることです。

現在日本では緑内障の治療は日々進歩してきていますので、失明する可能性を減らすにはできるだけ早く緑内障を意識することで、目に何も病気がおきていなくても早く眼科を受診して緑内障の検査を行なうことです。

早く自分が緑内障であることを意識できれば失明する可能性を減らすことができます。



サブコンテンツ

このページの先頭へ