bnr1

眼圧を下げるにはどんな薬があるか


眼科で検査をしたら意外と眼圧が高くて驚かれる人の数は増えているようです。

おそらく視力の低下や目に関わる病気で眼科を訪れる人の数が増えたことで、視力検査と同時に行なわれる眼圧検査により眼圧が高いことが判明するからだと思います。

ここではその高くなった眼圧を下げるにはどのような薬があるのか解説します。

3.17

眼圧を薬で下げる治療

緑内障の治療はおもに眼圧を下げることを目的としています。

緑内障の治療法はそのタイプと進行状態によって異なりますが、そのおもな治療法としては薬物療法、レーザー治療、手術療法の3つがあります。

薬物療法では、眼圧を下げたることで視機能障害の発生や進行を食い止めたりと、眼圧を調整するためにおもに点眼薬を使います。

点眼薬にもいろんな種類がありますが、患者さんがいちいち覚えるくらいでもなく、医師の診断によって適切に処方された点眼薬を続けて使っていくしかありません。

3.4a

眼圧を下げるには 継続して点眼する治療を行うしかなく、点眼してもすぐに眼圧は下がることは少ないので、継続して治療することで眼圧が下がりその状況が維持されるとイメージするとよいでしょう。

また眼圧がなかなか下がらないケースもあります。その場合は治療によって眼圧を今の状態から上がらないように現状維持できていると理解することです。


眼圧を下げるために使われる点眼薬の種類として「房水産生制御する薬」と「房水排出促進する薬」があります。

check2 房水の排出を促す薬として
「プロスタグランジン関連薬」「α遮断薬」「副交感刺激薬」があります。

check2 房水の産生を抑える薬として
「β遮断薬」「炭酸脱水酵素阻害薬」「交感神経刺激薬」があります。

check2 房水の排出を促し産生を抑える作用を持つ薬に
「αβ遮断薬」「α2受容体刺激薬」があります。

定期的に検査を行っていくことで、どんな状況になっているのかだんだんと把握できてくる場合もあります。そのために長い期間をかけて点眼薬を怠らないでつけていき向き合っていくことが失明しないために大事です。


眼圧が高くなるメカニズム

眼圧がなぜ上がるのか気になりませんか?

眼圧と密接な関係にあるのが 房水 と呼ばれる液体です。

房水は毛様体というところで作られ、眼内の房水の量によって眼圧が調節されています。新しく産生される房水の量と、隅角から房水が排出される量が同じであれば一定の眼圧値を保つことができます。

この時に眼内で異常がおきると、排出される房水の量が作り出される房水の量よりも少なくなり、排出の出口が詰まったりして眼内の房水が過剰に増えることで眼圧が上がるのです。
眼球

眼圧を下げるには眼科で検査を行った後、医師の指示により点眼薬などを使って治療をしていくことになります。

緑内障は自然治癒力では治せない病気なので、真剣に向き合っていかないと失明に至ることになります。


眼圧が下がらないとどうなる

眼圧が高くなり下がらないままでいるとどうなると思いますか?

一般的に眼圧が高くなると、房水が過剰に増えることで眼圧の上昇がおこり視神経が圧迫されてだんだんと視野欠損などの視機能障害をおこすことになります。

どういうことかというと、視神経乳頭という視神経がたくさん集まったところで神経線維の数が減ることで障害がおこり、視力が低下したり視野が欠けるなどの異常がおこってその状態が進むと失明する可能性が高くなります。

この視神経の状態を知るには、眼底検査によって視神経繊維の数が減った神経乳頭の変化を観察することができ、これは眼圧が正常値であっても緑内障の症状がおこる正常眼圧緑内障にも役立ちます。

緑内障と診断されたら、または緑内障と疑われたら眼圧を下げるための治療が始まりますが、この治療は一生続くものと割り切って続けていかないと失明する可能性が高くなります。




サブコンテンツ

このページの先頭へ