bnr1

眼圧を測定する方法には何がある


緑内障は眼圧が一番の原因であることから眼圧を下げる治療が基本なので、房水によって保たれている眼圧を測定することは緑内障の早期発見と治療にはとても重要です。

ここでは眼圧を測定する方法にはどのようなものがあるのか解説します。


眼圧の値はいつも同じではない

通常正常な人の眼圧は10~20mmHgですが、眼圧の測定結果により数値が高く出た場合は緑内障の可能性を医師から指摘されます。

しかし、高眼圧症 であっても緑内障にならない人や、眼圧が正常範囲であっても緑内障になる 正常眼圧緑内障 の場合もありますので、一概に眼圧の高い人だけが緑内障になるというわけではないです。

眼圧の値は季節や時間、体調によっても変わることもあるのでいつも一定の値であるというわけではないです。

そのことからも眼圧検査だけで緑内障が進行しているのかその状況を把握することは難しいことから、眼底検査と視野検査も並行して行う必要があります。


眼圧を測定する方法には何がある?

ここからは眼圧を測定する方法ついて解説していきます。

眼球は内側から外側へ押している眼圧により張り具合を調整されていて、この眼圧に異常がないかを機械を使って測定する方法があります。

眼圧を測定するために使用される機械には、眼球と接触して測る「ゴールドマン眼圧計」と眼球には触れないで測る「空気眼圧計」の主に2つの機械で測る方法があります。


ゴールドマン眼圧計

「ゴールドマン眼圧計」は点眼薬により目に麻酔をした後に色素をつけた角膜に眼圧計を密着させて測定する方法です。

密着させた接触面が一定の面積になるまで圧迫していくことで得られた圧力の値が眼圧の測定結果になります。

2.23c 2.23b

眼球に器具を直接当てることは恐怖に感じるかもしれませんが、事前に点眼薬で麻酔をすることで痛みや違和感を感じることはないです。


空気眼圧計

2.23da

「空気眼圧計」は瞬間的に圧縮された空気を眼球に吹きつけることで角膜が凹み、その状態により眼圧が測定される方法です。

空気眼圧計の測定方法では、空気眼圧計は「バフッ」っと瞬間的な強い風が目に当たるのではじめて受ける方はびっくりされるかもしれません。

反射的に目をつむってしまうことや目に力がはいってしまうことで正確な眼圧を測れない場合もあるかもしれません。

特に高齢の方や子供の場合は、圧縮された空気を吹きつけられることから何度もすることが予想されなかなか進まないこともあります。

目に当たる強烈な風によりかなり違和感を感じますが、その後の痛みは伴わないです。

2.23a



サブコンテンツ

このページの先頭へ