bnr1

正常眼圧緑内障の診断について


眼圧検査を行ない正常範囲で推移していることで安心しきって気にすることなく生活している人がいるようですが、正常眼圧緑内障は正常な眼圧でありながらも緑内障になるちょっとやっかいな病気で、自覚症状があらわれた時にはすでに視神経の萎縮がかなり進むので視力や視野を元通りに回復することは不可能です。

ここでは正常眼圧緑内障と診断されるまでの検査やその経緯について解説します。

1.30


正常眼圧緑内障はどのようにしておこる

通常の緑内障は眼圧が関係しておこるとされていますが、正常眼圧緑内障は眼圧が正常であるにもかかわらず視神経が圧迫されて障害を起こし眼圧に関係なく発症します。

正常眼圧緑内障の場合、房水の出口に当たる隅角が開いているタイプの慢性緑内障で、自覚症状はほとんどなく非常に緩やかに進行するので、きちんと治療すれば視力を保ち続けることが可能です。

眼圧の正常範囲は10~21mmHgですが、眼圧が常に21mmHg以上であれば眼圧が高いと見なして緑内障を疑う必要がありますが、正常眼圧緑内障ではこの正常範囲の眼圧で緑内障がおこります。


正常眼圧緑内障を早期発見するには

正常眼圧緑内障は眼圧が正常範囲で推移している安心感からかそれほど気にすることなく生活しているので、自覚症状があらわれた時にはすでに視神経の萎縮がかなり進んでおり、視力や視野を元通りに回復することは不可能になっています。

正常眼圧緑内障は特に自覚症状から見つけるのはきわめて困難です。

このことからも自覚症状があらわれる前に正常眼圧緑内障を発見することが非常に重要で、そのためにはこの緑内障が増え始める40歳代から定期的に眼科検診を受ける必要があります。

眼底検査と視野検査での緑内障発見率が極めて高く正常眼圧緑内障の早期発見にも威力を発揮するのですが、視野検査を受ける機会はなかなかなく眼底検査であれば眼科で手軽に実施してくれます。

緑内障が気になる年齢になったら眼科で定期的に眼底を診てもらうことをおすすめします。


正常眼圧緑内障の検査はどんなことをする

緑内障の検査の種類は、眼圧の高さがわかる「眼圧検査」、視機能障害がわかる「視力検査」や「視野検査」、視神経障害がわかる「眼底検査」などがあります。


正常眼圧緑内障の特徴は眼圧が正常なことなので「眼圧検査」では正常な値しか出ないことからも、「視野検査」と「眼底検査」によって視機能障害と視神経障害の有無を確かめることが重要になってきます。


眼圧が正常なことが特徴の正常眼圧緑内障ですが、まずはその値が常に正常範囲で推移しているのかを眼圧の1日の変動を詳しく調べて確認しなければいけません。

そのほかにも、これまでにかかったことがある病気の既往歴や親族や家族に緑内障の人がいないか遺伝性はないかなどの家族歴も確かめなければいけません。

そして眼底検査で視神経乳頭の状態を適切に評価し、初期の視野異常の発見に効果的な自動視野計を使って視野検査を行います。


正常眼圧緑内障の診断について

正常眼圧緑内障の診断に関しては、他の病気との鑑別が大切で通常の緑内障と比較しても少し複雑で面倒なことから慎重に行わなければいけません。


問診や検査で正常眼圧緑内障の可能性があったとしても、それで診断が確定するわけではなく、たとえば視野がだんだんと狭まっていく視野狭窄は、大脳の病気や循環系の病気などでも起こることがあるので、循環系の検査や脳のMRI,CTによってもこのような病気と正常眼圧緑内障を鑑別をしなければなりません。


ここのような検査を一通り行い、正常眼圧緑内障以外のすべての病気が否定されたときにはじめて「正常眼圧緑内障」と医師から診断されることとなります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ