bnr1

正常眼圧緑内障の症状について


通常の緑内障の症状は、目で見える範囲の周縁部から少しずつ視野が欠けはじめ、進行すると中心部まで影響を及ぼしだんだんと失明に近づいていきます。

しかし片方の目の視野が欠けても両目で見ることで欠けている視野を補い合う「両眼視機能」が目に備わっていることで、視野が欠けてきている症状に気づきにくい人がほとんどです。

ここでは正常眼圧緑内障の症状は、通常の緑内障と違うのか解説します。

1.29a


正常眼圧緑内障の症状

正常眼圧緑内障の症状は、通常の緑内障と違いはあるのか気になる人がいると思いますが、症状については同じで早期には自覚症状がほとんどないです。

正常眼圧緑内障は原発開放隅角緑内障と同様で、きわめて長い時間をかけて少しずつ進行していきます。

特に正常眼圧緑内障の初期には自覚症状がまったくなく眼圧も正常範囲内なので、この段階で正常眼圧緑内障を見つけるには眼科で視野などを調べてもらうしかありません。

病気がある程度進んでいくと「頭が重い」「頭痛」「眼精疲労」「イライラする」「疲労感が取れない」「よく眠れない」など何となく体調が悪いという自覚症状を訴えますが、検査をしても原因となる病気が見つからない状態を指す「不定愁訴(ふていしゅうそ)」という症状があらわれることがあります。

また視神経の障害の程度に応じて、視野に異常が生じて特に中心付近に見えない部分が出てきて、さらに進行すると視力が低下したり暗い場所で物が見えにくくなります。

はじめは視力の異常に気づかない人が多く、気づいたとしても年齢的に老眼ではないかと決めつけたりすることが多いようです。


視神経の障害が進むと視野が狭くなる

視神経がどんどん障害されて乳頭部の萎縮が進むと、通常の緑内障の症状と同様に視野の中心付近の見えない部分が増え視野の広さがどんどん狭くなる視野狭窄がおこるとともに、鼻側の上部にも見えない部分が出てきます。

ここまで異常がおこるとおかしいと感じる人が多くなりますが、内側の視野は両目で補い合う「両眼視機能」が目に備わっていることで、一部が見えなくてもそれに気づきにくい人がいるのです。

これらのことからも失明のリスクを軽減するために、40歳以上の緑内障が気になる年齢になったら 視野のセルフチェック を行ってみてください。

もちろん視野のセルフチェックだけでなく、定期的に眼科検診を受けることができればより失明のリスクが減ります。



サブコンテンツ

このページの先頭へ