bnr1

正常眼圧緑内障の手術方法について


通常の緑内障は眼圧の上昇で目の視神経がおかされ視野が狭くなる病気で眼圧が関係しておこるとされていますが、正常眼圧緑内障は、眼圧が正常であるにもかかわらず視神経が圧迫されて障害を起こし眼圧に関係なく発症する病気です。

正常眼圧緑内障の初期には自覚症状がほとんどないために自分ではなかなか発見できず、異常を感じた時にはすでに症状が進んでいて失明ということも少なくありません。

では正常眼圧緑内障が進行して行ったら手術をしたら治ることはあるのでしょうか。

ここでは手術をしたら正常眼圧緑内障は治るのか、どのような手術があるのか解説していきます。

2.3


正常眼圧緑内障の症状を把握する

正常眼圧緑内障と医師に診断された場合色々な治療や手術が行われますが、その目的は点眼薬を使ったり手術を行うことによって眼圧を下げて視神経の障害をそれ以上進行させないようにすることです。

一度視神経が障害を受けて傷んでしまったら二度と回復させることは不可能なので、この治療で眼圧が下がったとしても安心できません。


薬や手術によって眼圧が正常値内に安定し、視野の欠損などの視神経障害が進行しなくなれば一時治った状態にはなりますが、眼圧が下がったとしても薬によって安定させているだけなのでやめればまた悪くなりその効果が一生期待できるとも限りません。


緑内障は確かに重い病気であり良い方向へ向かわないことへの不安や、病気そのものへの疑問が常についてまわると思うかもしれませんが、現在の自分の症状をしっかり把握しそれ以上病気を進行させないことがもっとも大切なことです。


正常眼圧緑内障にはどんな手術があるか

緑内障の原因は眼圧の上昇で目の視神経がおかされ視野が狭くなることですが、緑内障の主な治療目的は「眼圧を下げること」「症状の進行を遅らせること」になり元のように回復させることではなく、緑内障は治療や手術を行えば治るという病気ではないことを理解する必要があります。

これは正常眼圧緑内障でも同じことが言え、一度視神経が障害を受けて傷んでしまったら二度と視神経を回復させることは不可能で、症状によってはあらゆる治療法や手術を尽くしても進行を止めることができない場合もあります。


緑内障の治療法は、薬物療法→レーザー治療→手術 へと進み、原発開放隅角緑内障、原発閉塞隅角緑内障、正常眼圧緑内障、高眼圧であるかを診断してその個人に合った治療を進めます。


緑内障の手術方法 にはレーザー治療が有効とされていますが主なレーザー治療は、「閉塞隅角緑内障」の手術では一般的に「レーザー虹彩切開手術」か場合によっては「水晶体切除手術」を行います。「開放隅角緑内障」の手術では一般的に「線維柱帯切除術」「線維柱帯切開術」を行います。

その他にも房水を抜くための専用のインプラントを埋め込むことで房水の新たな排出路をつくる「緑内障チューブシャント手術」という最近認可された方法もあります。


正常眼圧緑内障の手術のリスク

一般的に正常眼圧緑内障の治療はあくまでも薬物療法が基本ですが、薬では眼圧が下がらず視野が狭くなることがありどうしても手術が必要になる場合があります。

では薬物療法と手術とはどのような関係にあるのでしょうか。

もし手術が確実な治療法であるのなら薬物療法を一生続けるよりも手術した方がよいと多くの人は思うかもしれませんがそう簡単ではなく、現状では手術には合併症というリスクがあります。

手術後に白内障が進行したり、眼圧が下がりすぎてかえって具合が悪くなることがありますし、手術をしても再発を繰り返すことがあり、症状が思わしくなければ何度も手術しなければならなくなる人もいることから、手術をしたとしてもかえって悪化する可能性があるのです。


もうひとつ問題がありますが、それは手術の結果を確実に予測できないことです。

たとえば眼圧15mmHgの患者さんに眼圧を下げる手術をしたとしても、その結果眼圧がいくつになるのか予測がつかず、元々の眼圧値 15mmHgが 10mmHgになる可能性もありますし、5mmHgに下がりすぎる可能性もあります。

また 10mmHgと適度な値に下がったとしても、その眼圧で視野搾取の進行が止まるのかどうかもわからないので、このようなことから正常眼圧緑内障ではできるだけ薬物療法を長く続けることが大切です。

もちろん視野搾取のそれ以上の進行をくい止めるため手術を決断しなければならない場合ももちろんあり、そのような時は手術に対する不安や疑問について担当医によく相談し術後の見通しなどもくわしく聞いたうえで納得して手術を受けるようにしてください。



サブコンテンツ

このページの先頭へ