bnr1

正常眼圧緑内障はどんな病気


緑内障 はおもに年齢を重ねることで、 眼圧 の上昇などによって眼球を丸い形に保つ調整が円滑にできなくなり視神経に異常がおこり視野が欠けていく病気で、多くの場合非常にゆっくりとしたスピードで視野が欠損していき本人が気づいた時には手遅れといったケースがあります。

1.27


緑内障患者数は360万人もいると想定されていて日本の失明原因の一位を占めている病気です。

ある実態調査において40歳以上の20人に1人が緑内障を患っており、有病率は加齢とともに上がり70歳代では8人に1人が緑内障であるという調査結果が出ております。

緑内障はかなり進行するまで症状を自覚しにくいので、検査を受けない限りほとんどの人が気づきずらい病気です。

眼圧が関係して起こる通常の緑内障のほかにも、眼圧が正常値であるのにも関わらず緑内障の症状がある正常眼圧緑内障という病気がありますが、ここでは正常眼圧緑内障について解説します。


正常眼圧緑内障とは

通常の緑内障は眼圧が関係しておこるとされていますが、眼圧が正常であるにもかかわらず視神経が圧迫されて障害を起こし眼圧に関係なく発症する「正常眼圧緑内障」があり、この緑内障は日本人に多く眼圧が低くてもなることから「低眼圧緑内障」と呼ばれていたこともあるようです。

正常眼圧緑内障は、房水の出口に当たる隅角が開いているタイプの慢性緑内障で、原発開放緑内障と同じで自覚症状はほとんどなく、幸いなことに進行が非常に緩やかなのできちんと治療すれば視力を保ち続けることが可能です。

眼圧の正常範囲は10~20mmHgで平均は15mmHg前後ですが、眼圧が常に21mmHg以上であれば眼圧が高いと見なして緑内障を疑う必要があります。

正常眼圧緑内障ではこの正常範囲の眼圧で緑内障がおこっています。


正常眼圧緑内障の特徴

正常眼圧緑内障の研究が進んだ結果、この病気には次の5つの特徴があることが解明されました。

1.眼圧が21mmHg以下でも緑内障の症状がおこる
2.房水の出口の隅角は開放されている
3.視神経が萎縮する
4.視野の狭窄がおこり初めに内側の上方が見えなくなる
5.視野の狭窄をおこす他の原因疾患がない

正常眼圧緑内障は日本人に多く40歳以上で人口の3.60%を占め、年齢が高くなるほど有病率も上がっていきます。


なぜ正常眼圧緑内障になるか?

正常眼圧緑内障は一般の人より低い眼圧で視神経が傷つくのですが、ではなぜ眼圧が正常なのに緑内障の症状がおこるのでしょうか。

その原因として有力なのは「機械的圧迫説」という緑内障特有の型にはまっているメカニズムが関係していると考えられています。

眼圧が上昇する通常の緑内障では、高くなった眼圧が眼底の視神経と視神経乳頭を圧迫し傷つけることがわかっています。

正常眼圧緑内障の発症のメカニズムもこれとほぼ同じですが、正常眼圧緑内障の場合には一般よりも低い眼圧で視神経への障害がおこると考えられます。

眼圧の正常範囲とはあくまで一般的な基準値であり、視神経乳頭に対する眼圧の影響には個人差があるので、眼圧が少し高い高眼圧症の人でも問題が生じない人がいる一方で、正常の眼圧でも視神経が障害される人が出てくるのです。


そのほかの正常眼圧緑内障の原因として「視神経を栄養とする血管の血液循環障害」とする考え方もあり、この治療では眼圧を下げる薬と血液循環を改善する薬が使われています。


正常眼圧緑内障を早期発見するには

正常眼圧緑内障を早期に自覚症状で見つけるのはきわめて困難です。

自覚症状があらわれた時にはすでに視神経の萎縮がかなり進んでおり、視力や視野を元通りに回復することは不可能になっています。

このことからも自覚症状があらわれる前に正常眼圧緑内障を発見することが非常に重要で、そのためにはこの緑内障が増え始める40~50歳代から定期的に眼科検診を受ける必要があります。

眼底検査と視野検査での緑内障発見率が極めて高く正常眼圧緑内障の早期発見にも威力を発揮するのですが、視野検査を受ける機会はなかなかなく眼底検査であれば眼科で手軽に実施してくれます。

緑内障が気になる年齢になったら眼科で定期的に眼底を診てもらうことをおすすめします。



サブコンテンツ

このページの先頭へ