bnr1

先天性緑内障がおこる原因はなに


緑内障には「原発緑内障」「続発緑内障」「先天性緑内障」の3つのタイプに大きくわけられますが、おのおの発症する原因は違うようです

ここでは先天性緑内障がおこる原因について解説します。

1.分類

先天性緑内障がおきる年齢は何歳?原因

先天性緑内障が発症する割合は約3万人に1人といわれています。

どのくらいの年齢で先天性緑内障が発症するのかというと、「早発型」では生後1年までに発症し、「遅発型」では10~20歳代に発症することが多いです。

2.19赤ちゃん

なぜそんなに若い年齢の時期に先天性緑内障がおこるのか?


先天性緑内障がおきる原因はなに?

先天性緑内障がおこるその原因は、母親のお腹の中にいる時に目の発達の具合が上手くいかず異常がおこったことで隅角がうまく形成されなかったために、眼圧の上昇によって引き起こされたものと考えられます。

線維柱帯が発達段階で異常がおこるのではないかという説もありますが、生まれつきの赤ちゃんもいますし、生後少しずつ目の状態が悪くなっていく赤ちゃんもいますので、一概には断定できるものではないようです。


先天性緑内障は先天的な隅角の発達異常により房水の排出口である隅角になんらかの異常がおこる緑内障で、これは赤ちゃんにもおこりますしすでに緑内障の状態で生まれてくる赤ちゃんもいるようです。

生まれてから眼圧がかなり高くなれば角膜が白く濁るので、先天性緑内障ではないかとすぐに疑われることが多いようです。


牛眼がおこる原因

先天性緑内障の症状で多いのは牛眼で、これは黒目である角膜の部分が通常よりも多きくなっていくことでおこるのですが、普通の人と比べても見た目でわかるようです。

牛眼がおこる原因は、生まれたばかりの早い段階で眼圧がだんだんと上昇していくケースもありますが、特に多いケースは赤ちゃんの目はまだ組織がやわらかいので大人の目と比べても弾力があり、眼圧の上昇により眼球全体が膨張することで妊婦さんのお腹が張っていくように角膜がどんどん引き伸ばされてしまい、黒目である角膜の部分が大きくなるのです。

2.19妊婦



サブコンテンツ

このページの先頭へ